2020年がアセンションのリミット説について思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私はスピリチュアル系に興味があって色々な情報が飛び交っているのを目にし、耳にします。

様々な情報が溢れる中、今の時代は、アセンションの波がやって来ていて、地球規模の大変化が起きているんだそうな。

スピに興味がある方は、そんな情報を目にしたことがあるのではないでしょうか。
地球規模で良くなって行くことは喜ばしいことですよね^^

そんな情報に私も興味があり、ある本を取り寄せて読んでみました。

でもなんか・・・・読んでふと、違和感を感じたんですよね。

『2020年までにアセンションした(目覚めた)人は、宇宙エネルギーの波に乗り、より自由に豊かになり、この機会にアセンションしなければ、どんどんネガティブの波に飲み込まれて生きるのが辛くなって行く』

簡単にまとめるとこんな感じの内容。

今回はこの内容に対して、私が感じたことをまとめていきたいと思います。

そもそもアセンションってなんなの?

アセンションとは、次元上昇のことで、私たちが今いる次元は3次元。で、今の時代は地球規模で次元上昇が起きていて、最終的には5次元まで移行するのだとか。

5次元になると、ネガティブな波動はなくなり愛と喜びの波動の中で過ごすことになると言われてます。

読んだ本では『アセンション=目覚め』と説明されていました。

自分がアセンションしたかどう判断するの?

本を読み進めるうちに、なんか不安な気持ちが増して来たんですよね・・・・。

だって、「2020年までにアセンションしなかったら、ネガティブの渦に巻き込まれ、苦しくなっていく」っていうメッセージが入っているんですもん・・・・。

自分で、目覚めたかなんて判断出来ないし、もし仮に目覚めたとして「自分、完全に目覚めました!」なんて宣言しても違和感がありますよね。

だって、「自分はもう完璧です」なんて言ってしまったらその先の成長する意思がなくなってしまうと思うんです。

なんかアセンションって言葉が曖昧なのよね・・・・。

本来はみんなが完璧であるということ

私たちは、自分の世界を創造するために、この地球に生まれて来て、本来は、自分の思う通りに世界を動かすことができる力を備えている。

でも、あらゆる制限、自分の中の思い込みや、成長して行くうちに心のブロックによって、その能力が制限されてしまい、「生き辛い」「不幸だ」などの本来とはかけ離れた現実を創造してしまっているんだとか。

本来は完璧だけど、その完璧な軸からずれてしまうことで「自分は何も出来ない」「自分には何かが足りない」と思わせる状況が押し寄せて来ます。

どうやったら完璧になれるの?

そもそも『完璧な人』なんか居ないと思うのは私だけでしょうか。

『非の打ち所がない完璧な人』は存在しないと思うんです。

そして何をもって『完璧』というのかすら曖昧ですよね。

ネガティブを一切感じない人なんて居ないし、むしろ自分のダークサイドを理解している人の方が現実的というか信頼できると思うんですよね。

「ネガティブを手放すワークをやって浄化しましょう」
と言って、いろんな本に手放しのワークや、ネガティブ浄化のワークが説明されていますよね。

ネガティブはそんなに忌み嫌われる存在なのか・・・・ちょっと疑問です。

ワークが合っていてある程度、効果がある人もいるかもしれませんが。

ネガティブがあるから光が見えてくる

「闇があるから光がある」

「光がなければ影は存在しない」

「闇がなければ光がわからない」

本来、光と闇は表裏一体の存在なんですよね。

宇宙から見たら、ネガティブ、ポジティブに良い悪いの判断はないからです。

私たちは、「苦しい」と思うから、「今の状況を変えたい」とか「良い方向へ進みたい」と思いますよね。

まさに、闇(ネガティブ)があるから、自分の思い通りにならない状況を良い方向へと進ませる原動力になっているのではないでしょうか。

自分を認める

私は、「自分は自信がなくて、能力もなくて、何も出来ない」という思考によく陥ることがあります。

その思考に陥って、一時期体調まで最悪になった時期がありました。

でも、ある講座で講師の方に、「完璧じゃなくてもいい」「自信がなくてもいい」って声をかけられた時は目から鱗でした。

本当は『完璧じゃなくても完璧』・『完璧じゃないから完璧』、今の自分をいたわって、まずは自分から愛してあげてくださいね。

本来の自分に戻るための旅

人生って『本来の自分を思い出す為の旅』みたいなものなのかなって私は思っています。

恋愛で苦しくなって、自分を見つめ直す機会を与えられたり、お金の問題で、自分の本来の豊かさはなんだろう、と考えさせられたり、人間関係で悩んで、本来の自分のあり方を突きつけられたり・・・・。

だから、『ネガティブを手放せば、アセンション出来て、喜びのみの世界に行けます』はちょっとした違和感を感じた訳です。

ネガティブを思いっきり邪魔者扱いしているから。

考えが分離している

『アセンションする人としない人は住む次元が異なるので二極化する』

『今アセンションしないと乗り遅れたら不幸になる』

本に書いてあることはそう聞こえてしょうがないのです。

本来は全てがワンネスだと言われているのに。

地球という場は分離を体験する世界で、それで、アセンションしてそれが統合に向かうんじゃないの?って私は疑問に思うんです。

自分が創造主なら

本の著者が創造している世界ではあくまで、本の中の内容が現実化して行くのでしょう。

でも私が創造主なら、ゆっくりでもいいから地球のみんな全体でアセンションしたい、って思うんです。

例えば、占いで、「あなたはこれから不幸になるでしょう」って言われたら、それを信じて不幸になる方がおかしいと思いませんか。

だって自分の世界(人生)は自分で創ることが出来るんだから^^

あとがき

私はここ1年で結構な激動がありました。

一昨年の年末に、長年付き合った彼氏に音信不通で別れを告げらました。

そして自分の感情を抑え込んでしまってる自分に気づいたり、このままではダメだと思って実家を出ることになったりとまぁ色々ありました^^;

そんな中、『アセンションの波が来ている』と聞くと、ああ、なるほどな、こんなに色々と動かされるのはそんな理由もあるのかな〜なんて思っています。

本当は、自分が意識していないところで、変化が起きていてその波に自然と乗っているのではないかと思うんですよね。というか強制的に動かされてる感がありますけどね〜^^;

様々な情報に踊らされて不安になることなく、『自分軸で』進んでいきたいですよね。

2年後にはアセンションがひと段落とのことで、どんな世界になっているのかが楽しみですよね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. なな より:

    疑問に思ってた事がここにありました。
    私は聞いたことは一旦、え?そうなんだ!と思った後から疑問を抱いたり納得していくタイプで、日々感謝や変化を感じて生きていても、不安を煽るニュースを聞くとそ不安な気持ちになり…暫くするとまた上昇し、を繰り返していました。
    でもやっぱり、みんなでゆっくりでも進んでいける気がしてしょうがない。
    本来はみんな完璧である…この言葉が心に沁みました。ありがとうございます。

    1. kayopayo より:

      ななさん

      コメントありがとうございます^^

      ゆっくりでも確実に変化していると思います!

      確かに、メディアを見聞きすると不安を煽るニュースで溢れていますよね・・・
      私もすぐに影響を受けてしまうタイプなので、スマホに勝手に表示されるニュースなどを削除したり、ニュースアプリを消したり。

      今では部屋にテレビはありません(笑)

      情報断捨離もオススメですよ^^

なな へ返信する コメントをキャンセル

*